ミツバチは安全?それとも危険なの?

ミツバチは普段生活をしていると野原などでたまに見かけます。
そんなミツバチですがおとなしい性格で有名な蜂です。
ただし、誤って巣に刺激を与えてしまうと一斉に攻撃してくる攻撃性も併せ持っています。
そんなミツバチの巣の駆除はいったいどうやって行えばいいのでしょうか。
ミツバチの修正などを踏まえた酢の駆除について詳しく見てみましょう。

害虫駆除:ミツバチとは

害虫駆除:ミツバチとは

蜂の中でもミツバチというものを知っている人はどれくらいるのでしょうか。
そんなミツバチの修正や防衛本能などについて説明します。
ミツバチは安全

◇ミツバチの習性

ミツバチはおとなしい性格なので、滅多に刺してくることはありません。
しかし、知らないうちに民家の中に巣を繁殖させ、知らず知らずのうちにミツバチが危険と感じる範囲に入ってしまうことがあります。
そうなると、ミツバチによる一斉攻撃を受けてしまったり、刺された毒に反応し、アナフィラキシーショックを起こしてしまい危険な状況になるかもしれません。
生活圏内でそのようなことが起こってしまうと、日々の生活を穏やかに過ごすことができなくなってしまうので、他のハチに比べて非常におとなしいミツバチですが、ミツバチだからといって油断するのはやめておきましょう。
また、巣が大きくなると、巣に蓄えられた蜜が天井や壁などから部屋の中に染み出してくる可能性もあります。
その蜜の匂いに誘われて、害虫であるゴキブリやアリなどが家に住み着いてしまう危険性も考えられます。

◇ミツバチの防御法

ミツバチは、強い刺激を与えたりしない限り基本的には刺したりしませんが、他の蜂と同じように食べ物やジュースの甘い匂いや、香水などにもよってきます。
夏の外では甘い香りのものは控えるようにしたほうが無難です。
また、万が一ミツバチに刺されてしまった場合、まずは、他の蜂と同様に刺された部分をつまんで毒を体外に出して、流水で洗いながら冷やしてください。
毒を出す際には、口でしてしまうと危険ですので、指でつまむことをおすすめします。

害虫駆除:ミツバチは本当に刺さない

害虫駆除:ミツバチは本当に刺さない

ミツバチはおとなしい性格であることは間違いありません。
だからといった危険がないのでしょうか。
そうではありません。
自分の巣に危害を加えてくる人には攻撃してきます。
どのようなときに攻撃的になるのかを見てみましょう。

◇ミツバチの基本

体長は12mmで色は黒っぽく、細い黄色の縞模様をしていて数は小さい巣で3000頭、大きい巣で50000頭ほど生息しています。
他のハチ(スズメバチ、アシナガバチ)に比べて体長が小さいことが特徴です。
数は、大きい巣でなんと50000頭もいるのです。
スズメバチは最大4000頭、アシナガバチは最大300頭ほどなので、ミツバチはかなりの大家族で暮らしています。

◇みんなが知らないミツバチの攻撃性

ミツバチは大人しいから刺さないよ!なんでそんなに怖がるの?という人、いるんです。
家の近くを飛んでいることに怖がっていても、家族に相手にしてもらえないとお悩みの方もいます。
怖いものは怖いのに、わかってもらえないのは悲しいことです。
では、その人たちが言っているように本当にミツバチは刺さないのでしょうか?
実は、普段温順な性格のミツバチも攻撃的になる瞬間が2つあります。
その2つを詳しく見ていきましょう。

◇一度刺すと他のミツバチも次々に襲ってくる

ミツバチは、一度人を刺すと周りの仲間も次々と刺しに集まってきます。
というのも、ミツバチが人を刺すと周りのハチにも刺激が伝達されるからです。
ミツバチが人を刺すと、体内から毒針が抜け落ちます。
そうすると、近くにいるハチを刺激する臭いがあたり一面に広がるのです。
こうなってしまうと、多数のハチに次々と執拗に襲われる可能性があります。
実際に、2003年には愛媛県において、草刈りをしていた女性がセイヨウミツバチに全身を数十カ所さされて死亡するという事件も起きているほどで危険なのです。
何百匹といった働き蜂が一気に襲ってきたらと考えると、体が震えてしまいます。
普段は温順だとしても、一度危害を与えてしまうと超攻撃的になってしまいます。

◇冬でも攻撃性が異常に高い

ミツバチは、意外にも冬でも攻撃性が高いのです。
その攻撃性は、巣に近づいただけでも刺しにくるほど敏感になっています。
巣に振動を加えただけで執拗に刺されるケースもあります。
ミツバチはスズメバチやアシナガバチと違って、女王蜂と働き蜂が集団で冬を越します。
その間の食料は、巣に貯蓄している蜜デス。
エサが限られる冬の時期はとくに、生存のために周りからの刺激に敏感になっているというわけです。

害虫駆除:益虫だから放っておいて大丈夫?

害虫駆除:益虫だから放っておいて大丈夫?

ミツバチの巣が家にできてしまい、駆除するのは可哀想な気もすると思って放置したほうがいいの?とお悩みの方もいると思います。
しかし、ミツバチの巣が人の生活や民家に及ぼす被害も相当なものだという事も事実です。
ここでは、2つの起こりうる被害について紹介します。

◇糞による車や洗濯物の汚染

ミツバチは巣の外で飛行しながら長さ数mm?数十mmの糞を排泄しています。
排泄される場所は、建物の壁や車、洗濯物など様々な墓所です。
とくに白いものに対して集中的に排泄されることが多くあり、ベランダに干しているシーツ1枚に数百の糞が撒き散らされているという事件も発生しています。
せっかくの洗濯物が台無しになり、悩む人もいます。

◇蜜や死骸の体液による屋根裏・壁の汚染

ミツバチの蜂蜜や、死骸の体液による屋根裏や壁の汚染による被害もあります。
ミツバチはその名前の通り、巣に蜜をたっぷりと溜め込む昆虫です。
そのため、屋根裏や壁から溜まった蜜が染み込み、壁に染みや汚れをつくる可能性もあるという事です。
その蜜に誘われて、ゴキブリやアリが家に住み着いてしまうという二次被害も想定できます。
また死骸の体液も汚れや染みの原因です。
夏の終わりから秋にかけて、オオスズメバチが幼虫を食べるためにミツバチを殺しにきます。
たった16頭のスズメバチが、1万2000頭以上のミツバチを殺してしまいます。
おびただしい量の死骸がミツバチの巣の周りに残されます。
その死骸がそのまま放置されると考えるとゾッとします。
自分で屋根裏のミツバチを駆除しようとするときも同じことが言えます。
スプレーは届いたものの、自分で屋根裏に上がることができなければ、蜜の溜まった巣や死骸は放置することになります。
益虫とはいえ、このような被害を考えるとそのまま放っておくのはよくないことは誰が考えても明白です。
被害が深刻になる前に、早めに対処することが重要です。

害虫駆除:ミツバチの駆除

害虫駆除:ミツバチの駆除

ミツバチは怖いけど、駆除するのもちょっと迷うという方も、怖さに耐えれないから駆除したい、してほしいという方もそれぞれいると思います。
それぞれの方に合った対処法を紹介します。

◇養蜂所へ連絡

益虫を殺してしまうのはちょっとかわいそうと思っている人もいるはずです。
その場合は、一度養蜂所や専門家の方に連絡し、引き取ってもらうという方法があります。
一部の養蜂場では、ハチミツの回収や養蜂のために殺虫剤を使用せず巣を回収してくれることも。
すべての養蜂場で対応しているわけではありませんが、駆除にためらいがある方は一度お住まいの地域の養蜂場へ連絡してみてはどうでしょうか。

◇自分ではどうしようもない場所に巣ができている場合は業者へ

壁の中や屋根裏など入れない場所に巣ができて、自分ではどうしようもない・大量のミツバチが怖すぎて自分では退治できないなど、被害が出る前に退治したいとは思っているものの、どうにも自分では対処できない場合もあるでしょう。
その場合は、一度ハチ駆除業者に相談してみてはいかがでしょうか。
ある業者では表札の近くに大量にミツバチがいる。
すぐに対処してほしいとのご依頼をいただきました。
ミツバチの巣の駆除は、人がなかなか入れない場所での作業や蜜の掃除に加えて、大量のハチの処理などかなり手のかかる作業です。
さらに表札付近ということでご自宅の出入りもままならない状況です。
しかし、電話をいただいてから30分程でお伺いできたため、被害が出る前に対処できました。
このように、自分で対処するのが難しい場合やすぐに解決したい場合は、専門の業者に相談すると安心で安全です。

◇自力で駆除したい場合

費用の心配もあるし、自分で駆除したいという方もいます。
しかし、自力での駆除は危険を伴います。
殺虫剤や巣を回収するための袋、ハチから身を守るための服装など、複層の準備をしっかり行なってから駆除してください。

ミツバチは安全?それとも危険なの?まとめ

ミツバチは安全?それとも危険なの?まとめ

ミツバチの修正や危険性について詳しく紹介してきました。
その中でミツバチの駆除をするとなったときに、何に気を付ければよいのかも分かったのではないでしょうか。
万が一、ミツバチが攻撃的になったときには業者へ依頼して駆除してもらった方が安全で安心です。

業界最安値業界最安値

【04月17日 06時32分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。お気軽にご相談ください。 【04月17日 06時32分現在】お電話すぐに対応いたします。